忍者ブログ

はちょと三ツ星

★★★Triple Star~Many shining stars~のプレイヤー「はちょ」による、★★★に関するあれこれ。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SS・NM「僕の生きる場所」前夜。

このSSを晒すために、このサイトを開いたと言ってもいい。(えっ)
これからも、このSSみたいにもうプレイ上日の目を見ることのなくなった設定とか、載せるんじゃないかな。

NM「僕の生きる場所」開始前のエンドの状況をSSにしてみました。

拍手[0回]




「はっ…は…」

薄暗い通りを駆けながら、エンドの頭には『何で』という言葉が渦巻いていた。

***

その日は普通に冒険者ギルドへ行って、普通に依頼をこなし、普通に街に帰ってきた所だった。
着替えて午後のアルバイトへ行こうと宿に向かっていた時。

「エンド」

たった一声で誰だかわかった。
世界が色を無くす。
まさか、と声のした方を向けば、そこには思った通りの人物がいた。

「…ルール…」

忘れるはずがない。
自分を育てた人。

「元気そうだな。何よりだ」

にたりと浮かべる酷薄な笑み。
変わっていない。
何一つ変わらぬあの人が、ここに居る。

じり。
自分が思わず後ずさったことに気づいたのは、踏みしめた砂の音でだった。
そして気づいた時には、駆け出していた。

***

燃え盛る施設。
転がる死体。

騒動の中を逃げるのに無我夢中で、どうやって切り抜けたかもわからないあの場所。
己を抑え込み、戦う他には何も教えられなかった、あの場所。

危うい均衡を保っていた、エンドの育った組織は、あの日瓦解した。

***

誰かを巻き込んではいけない。

とっさに裏通りへと進む道を選んだのは、失敗だったのかもしれない。
氷塊が背後から足元へ突き刺さる。

「待てよエンド!親方様の話を聞け!」

青味のある銀髪を肩のあたりで切りそろえた少年…氷のヘルが追ってくる。
エンドに答える余裕はなかった。
相手を撒こうと、必死で覚えている道を右へ左へ…。

「っ…次は当てる!」

ヘルが金切り声をあげる。

振り返り、炎を放ったのは、とっさのことだった。

「あつっ…!」

ヘルの悲鳴ではっとした。
動揺したが、今しか隙はないと思った……その時。

ばぢんっ!!

衝撃とともに、エンドの意識は暗転した。

***

「……」

目を覚ました時、最初に感じたのは暗さと埃っぽさだった。
どこかの床に横向きに転がっていたようだ。
息を吸い、むせる。

「おっ。起きたか」

のんびりした様子の声がかかる。
ルールの声だ。
とっさに起きようとしたが、体が言う事をきかない。
慣れた痛みに、意識を失う前の衝撃はルールの得物、鞭で打たれたのだと気づく。

「随分手間かけさせてくれたなぁ。いつからそんな反抗的になった?」

ぐい、と髪を掴まれて顔をあげさせられる。
にやにやとこちらを見下ろしてくるルールの顔が、そこにはあった。

「…なんで逃げるんだよっ、しかも僕らに火まで放ってさ!」

ルールの背後に視線をやれば、ぶすくれたヘルがラストに火傷の手当をされていた。
ラストは薄茶の長髪を三つ編みにした、癒しの力を持つ少年だ。

エンドはもう一度ルールを見た。
なぜ逃げたか。

「…ま、話す前に大体見当がついてるみたいだぜ、ヘル」

(この人は。
 もう一度。)

「それで逃げたってことは、俺の元に戻る気がないんだろうよ」

(僕を従える気だ。)

ぱっと髪を掴んでいた手が放され、ごつんと頭が落ちる。

「まあ、時間はたっぷりある。ゆっくり話し合おうぜ?エンド。」

また、自分を『支配』する、あの声が聞こえる。



 

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

メールフォーム

最新CM

[11/25 たろ]
[07/20 銀]
[06/07 銀]
[11/25 たろ]
[07/11 葉月]

最新TB

バーコード

ブログ内検索

P R